ニュース

研究:サウナへの定期的な訪問は心臓病を防ぐ


サウナ研究:頻繁なサウナは心血管疾患のリスクを減らす

フィンランドの研究は、定期的なサウナ訪問の健康への影響を調査しました。調査の過程で、サウナが心血管系にプラスの影響を与えることが明らかになりました。ただし、研究者が強調するように、規則性を維持することが重要です。

健康的なサウナ

インスブルック医科大学と東フィンランド大学の科学者による最近の研究は、サウナへの定期的な訪問が心血管疾患のリスクを大幅に減らすことができることを示しました。サウナ入浴の健康上の利点は、以前の科学的研究ですでに証明されています。

心血管疾患は最も一般的な死因の1つです

心臓発作、脳卒中、大動脈瘤および心不全(心不全)は、依然として最も一般的な死因である心血管系の疾患です。

オーストリア-フィンランドの研究チームは、サウナを訪れる人々が心血管疾患による死亡のリスクが大幅に低下していることを発見しました。

インスブルック医科大学の神経学者であり疫学者であるピーターウィライトと東フィンランド大学のジャリA.ラウカネンが率いる科学者たちは、フィンランドのKIHD研究のデータからの比較分析を使用してこの結論に達しました。

長期研究KIHD(クオピオ虚血性心疾患リスク因子研究)は、とりわけ、53歳から74歳までのフィンランドの男女1,688人(51%)のサウナ行動を調べます。

インスブルック医科大学からの連絡によると、データは1980年代中頃から収集され、評価されています。

現在の結果は専門誌「BMCメディシン」に掲載されました。

以前の研究は健康上の利点を示しています

オーストリアとフィンランドのチームは、最近発行された出版物で、通常のサウナが脳卒中のリスクを大幅に軽減することを証明できました。

フィンランドの別の研究でも、サウナが高血圧を再び安定させることができることが示されました。

さらに、極度の熱と冷却の間の激しい変化が免疫システムを強化し、気道と代謝にプラスの影響を与えることは長い間知られています。

週に45分以上サウナに行くときのリスクが最も低い

インスブルック医科大学によると、現在公表されている心血管疾患研究の181人の参加者が15年間の観察期間中に死亡した。

他の影響を与える可能性のある要因を検討した後、サウナの訪問の頻度と期間について明確な相関関係を決定できます。

これによると、週に4〜7回サウナを訪れたフィンランド人は、観察期間中に心血管疾患で死亡するリスクが70%低くなりました。

サウナを週に2〜3回使用した場合、このリスクは依然として29%減少しました。

「これで、この相関関係を明確に示すことができました。これは、以前の時点で男性に確認され、女性にも確認されたため、科学文献のギャップが埋められています」

彼らの分析では、サウナ滞在時間も変数として含まれており、サウナで週に45分以上汗をかく人が心血管リスクが最も低いと判断しました。

プラスの効果をさらに強化する方法

研究者によると、頻繁なサウナの血圧と心拍数の変動に対する有益な調整効果は、サウナの頻度と心血管系死亡率の因果関係に基づいている可能性があります。

いずれにしても、ピーターウィライトは、頻繁なサウナとスポーツ活動の組み合わせがプラスの効果をさらに高めることができる程度など、さらなる仮説をテストすることをすでに目指しています。

「この長期的な研究の強みは、文書化されたリスクプロファイルとサウナの動作に関する詳細な情報のおかげで、研究集団が非常によく特徴付けられているという事実にあります。つまり、将来さらに質問をすることができるということです」と研究リーダーのJari Laukkanenは言います。

一部の人は注意する必要があります

頻繁なサウナのプラス効果にもかかわらず、特定のグループの人々は注意する必要があります。

たとえば、リウマチの患者はサウナを炎症のない段階でのみ行うべきであり、てんかん患者は発作を引き起こす可能性があるため、完全に控える必要があります。

重度の静脈瘤やその他の静脈血管疾患のある人は、サウナに行く前に医師の診察を受けてください。

これは、冠状動脈疾患(CAD)、不整脈(心臓の鼓動、速い心拍)または高血圧などの既存の心血管疾患の患者にも適用されます。

めまいなどの循環器系の問題がある場合は、サウナも利用しないでください。 (広告)

著者および出典情報


ビデオ: 心臓病と運動の深い関係 ー心臓リハビリのすすめー (1月 2022).