ニュース

薬物警告:一部の抗凝血剤は血栓症を促進する可能性があります


抗リン脂質症候群患者へのDOAK治療は推奨されない

一部の製薬会社は、血栓症のリスクを高める可能性があるため、一部の患者では特定の抗凝血剤の使用が推奨されないと指摘しています。

心血管疾患のリスクを減らす

「抗凝固薬は、血栓によって引き起こされる心血管疾患のリスクを軽減するために使用されます。これには、心臓発作、脳卒中、静脈血栓症などが含まれます」とポータルのgesundheitsinformation.deに掲載されている、Quality and Efficiency in Health Care(IQWiG)は説明しています。薬は口語的に「血液希釈剤」と呼ばれていますが、専門家によると、この名前は完全に正しいわけではありません。抗凝固剤はいくつかのグループに分けられます。すべてがすべての患者に等しく推奨されるわけではありません。

すべての患者に適しているわけではありません

経口抗凝固薬は特に一般的です。これらは、特定の凝固因子の形成または作用を阻害します。

「この薬のグループには、有効成分フェンプロクモン(商品名「マルクマー」で多くの人々に知られている)などのビタミンK拮抗薬(クマリン)と呼ばれる、いわゆる直接経口抗凝固薬(DOAK)が含まれています」とIQWiGは説明します。

経口抗凝固薬は、主に人工心臓弁の挿入後または肺塞栓症後の心房細動の治療に使用されます。

しかし、そのような薬物による治療は一部の患者には適していない、と連邦医療機器研究所(BfArM)は報告している。

血栓性イベントの再発リスクの増加

研究所がレッドハンドレターに書いているように、抗リン脂質抗体症候群の患者におけるアピキサバン(エリキス)、ダビガトランテクチラート(プラダクサ)、エドキサバン(リキシアナ/ロテアス)、およびリバロキサバン(ザレルト)との併用は、再発のリスク増加の可能性があるためです血栓性イベントは推奨されません。

製薬会社のバイエルAG、ベーリンガーインゲルハイムインターナショナルGmbH、ブリストルマイヤーズスクイブ/ファイザーEEIG、および第一三共ヨーロッパは、欧州医薬品庁(EMA)およびBfArMと連携して情報を提供しています。

多施設共同研究では、リバロキサバンの使用は、ワルファリンと比較して抗リン脂質症候群(APS)と診断された血栓症の既往歴のある患者における血栓性イベントの再発リスクの増加と関連していることがわかりました。

他のDOAK(アピキサバン、エドキサバン、ダビガトランテシレート)も、ワルファリンやフェンプロクモンなどのビタミンK拮抗薬と比較して、血栓症の再発リスクを高める可能性があります。

したがって、特にAPSの高リスク患者では、DOAKの使用は推奨されません。 (広告)

著者および出典情報



ビデオ: 抗血小板薬抗凝固薬血栓溶解薬凝固カスケードヘパリン類 (1月 2022).