ニュース

コロナウイルス:コロナ感染者の手術後の死亡リスクの増加


研究:COVID-19は手術後の死亡リスクの増加

3月中旬に、ドイツの病院での予測可能な手術は、医学的に正当化できる限り、無期限に延期することが決定されました。これにより、コロナウイルス病を治療するのに十分な能力があることが保証されます。この措置は命を救ったかもしれない。新しい研究によると、COVID-19の患者は手術に関連して死亡するリスクが高くなっています。

テュービンゲン大学病院からの最近の発表によると、COVID-19を発症した患者は手術に関連して死亡するリスクが高くなっています。したがって、予測可能なOPの前に、新規コロナウイルスSARS-CoV-2による感染を可能な限り除外する必要があります。これは世界的な研究の結論であり、その結果は最近、リサーチネットワークCovidSurg Collaborativeによって専門誌「The Lancet」で発表されました。

さらなる評価はドイツの状況を明らかにする必要があります

教授テュービンゲンでの研究の臨床部長であり、一般、内臓および移植手術のための大学クリニックの医学部長であるアルフレッドケーニグスライナーは、テュービンゲンの大学クリニックも整っていると考えています。

「私たちは過去数週間から学び、よく準備されています。緊急の介入が発生した場合や計画された運用の前に、SARS-CoV-2感染を事前に排除するために可能な限りのことを行います。これまでのところこれに成功しています」と医師は言いました。

さらなる評価により、ドイツの状況が調査データが示唆するほど劇的であるかどうかをできるだけ早く明らかにする必要があります。ドイツのすべての外科クリニックは現在、CovidSurgコホート研究に参加するように求められています。

24か国からのデータ

彼らの結果に到達するために、研究者らは24カ国の235の病院からの1,128人の患者からのデータを調べました。これらは主にヨーロッパの状況を表しており、アフリカ、アジア、北米のいくつかの診療所も関与していました。

バーミンガム大学のグローバル手術に関するNIHRグローバルリサーチヘルスユニットのリーダーシップの下で評価された、現在公開されている結果によると、手術を受けるSARS-CoV-2感染者は、感染なしの場合よりも術後の結果が著しく悪い。

手術後の最初の30日間の全体の死亡率は23.8%でした。著者によると、死亡率はすべてのサブグループで不釣り合いに高かった。

情報によると、これは待機手術(18.9%)、緊急手術(25.6%)、小手術(16.3%)、大手術(26.9%)の両方に影響を与えました。

高齢者と男性はより危険にさらされています

さらに、この研究では、女性の死亡率(18.2%)に比べて男性(28.4%)の死亡率が低いだけでなく、若い患者(13 、9%)が大幅に増加しました。

年齢と性別に加えて、術後死亡率の危険因子には、癌、主要な介入、緊急手術などの既存の深刻な病気も含まれます。

日常業務中でも死亡率は大幅に増加

研究の共著者であるテュービンゲン博士アルフレッド・ケーニグスライナーは報告書にコメントしました:「私たちは通常、選択的手術を受けている患者の死亡率は1%未満であると予想しています」と専門家は言いました。

「しかし、この研究は現在、SARS-CoV-2コロナウイルスに感染した患者の死亡率が、日常的な手術中でも大幅に増加していることを示しています。実際、死亡率は非常に高いため、パンデミック前のハイリスク患者の死亡リスクに匹敵します。」

これらの数値をドイツの病院にも転送できるかどうかを分析するために、現在追加のデータが使用されています。 (広告)

著者と出典情報

このテキストは、医学文献、医療ガイドライン、現在の研究の仕様に対応しており、医師によって確認されています。

うねり:

  • テュービンゲン大学病院:手術の前または直後にSARS-CoV-2に感染した患者の死亡リスク(アクセス:2020年6月2日)、テュービンゲン大学病院
  • CovidSurg共同:周術期のSARS-CoV-2感染症の手術を受けている患者の死亡率と肺合併症:国際コホート研究。で:ランセット(公開:29.05.2020)、ランセット


ビデオ: アメリカ南部で感染者再び増加 経済活動再開早すぎ? (1月 2022).