ニュース

ガラスの破片によるブルーベリーの回収


製造元がフォレストブルーベリーをリコール

Sohland an der Spree(Saxony)のLausitzer Fruchtverarbeitung GmbHが、グラスに入ったブルーベリーのリコールを開始しました。同社によれば、異物についての苦情があった。

ザクセン州のシュプレーにあるゾーランドのLausitzer Fruchtverarbeitung GmbH社は、賞味期限(賞味期限)が12.08.2022のグラス入り「Lausitzer Waldheidelbeeren」製品340グラムをリコールしています。賞味期限は蓋の端にあります。 「対策の理由は、異物に関する顧客の苦情だ」と同社はウェブサイトに書いている。

会社は個々のケースから始まります

連邦消費者保護食品安全局(BVL)がポータルに「lebensmittelwarnung.de」と書いているので、ガラスの破片が警告の理由です。

「私たちはこれが孤立したケースであると想定していますが、私たちの責任当局に相談した後、私たちはこの措置をとることに決めました」と同社はリコールを説明します。

同社は、「Lausitzer Waldheidelbeeren」340 gガラスで、賞味期限が08.08.2022の製品のみが返品の影響を受けることを指摘しておきます。したがって、Lausitzer Fruchtverarbeitung GmbHのその他の賞味期限およびその他の製品は影響を受けません。

食べないほうがいい

割れたガラスを含んでいる疑いのある食品は、原則としてもはや消費されるべきではありません。消費は口と喉の重傷や危険な内傷につながる可能性があるためです。

製造工程のエラーにより、ガラス、アルミニウム、プラスチックの残留物などの異物が食品生産で発生することがよくあります。

頻繁に食品がリコールされるもう1つの理由は、サルモネラ菌やリステリア菌などの細菌による汚染です。 (広告)

著者と出典情報

このテキストは、医学文献、医療ガイドライン、現在の研究の仕様に対応しており、医師によって確認されています。

うねり:

  • 連邦消費者保護食品安全局:食品警告の詳細(アクセス:2020年5月7日)、lebensmittelwarnung.de



ビデオ: ガラスフュージング界で人気のキャスティングモールド入荷いたしました (1月 2022).