ニュース

エデカにかけ直し:ソーセージがかけ直されています


エデカは子牛のレバーソーセージを呼び戻す

小売会社のEdekaは、150グラムパックの製品「子牛のレバーソーセージ」のリコールを開始しました。同社によれば、ソーセージの調理が不十分な場合があり、早期に腐敗する可能性がある。

ラインシュテッテン(バーデンヴュルテンベルク州)のEdekaSüdwestFleisch GmbHは、製品「子牛のレバーソーセージ」、150g、賞味期限(賞味期限):2020年7月15日、バッチ:20162をリコールしています。 「理由:完全に調理されないことがあるので、時期尚早に腐敗する可能性があります」とプレスリリースは述べています。

サービスカウンターでの販売

「苦情管理の一環として、上記の製品が注目を集めました。場合によっては、レバーソーセージが完全に調理されていないこともあります。「同社は、消費者保護と食品安全のための連邦政府庁(BVL)がポータル“ lebensmittelwarnung.de”で公開したメッセージを書いています。

情報によると、レバーソーセージはサービスカウンターで販売されています。エデカは、リコールが上記の賞味期限にのみ影響することを指摘したいと思います。消費者は、領収書を提示しなくても、購入価格の払い戻しに対して、販売時点で対応する賞味期限またはバッチ番号を付けて、すでに購入した製品を返品できます。

カスタマーサービスは、ホットライン0721/180558233または電子メール[email protected]で消費者からの質問に回答します。会社はこの事件を非常に後悔し、これが引き起こしたかもしれないご不便をお詫びします。

残念ながら、製造プロセスのエラーにより、食品生産にはリコールがあります。食品のリコールの一般的な理由は、サルモネラ菌やリステリア菌などの細菌による汚染です。さらに、ガラス、アルミニウム、プラスチックの残留物などの異物が原因で製品がリコールされることがよくあります。 (広告)

著者と出典情報

このテキストは、医学文献、医療ガイドライン、現在の研究の仕様に対応しており、医師によって確認されています。

うねり:

  • 連邦消費者保護食品安全局(BVL):食品に関する警告の詳細(アクセス:2020年7月6日)、lebensmittelwarnung.de
  • lebensmittelwarnung.de:EdekaSüdwestFleisch GmbHからのプレスリリース(アクセス:2020年7月6日)、lebensmittelwarnung.de



ビデオ: 勝手にランキングコーナーおすすめウインナー編kattyanneru1011 (1月 2022).