ニュース

コロナウイルス:予防接種への住民の意欲は低下している


コロナ:予防接種の準備ができている人が減る

専門家は、コロナパンデミックは、SARS-CoV-2コロナウイルスに対するワクチンが利用可能になり、十分な数のワクチンが接種されるまで終わらないと考えています。しかしヨーロッパ諸国では​​、コロナに対する予防接種を受ける意欲はあまりありません。

全世界で、1300万人以上がすでに新しいコロナウイルスSARS-CoV-2に感染しています。ヨーロッパ諸国では​​、ここ数週間の症例数の増加は以前ほど強くはありません。これにより、感染症を心配する人も減ったと考えられます。これが予防接種の準備が低下する理由かもしれません。

住民はワクチンを使うでしょうか?

ワクチンは、COVID-19との戦いで非常に重要です。人口もそれを使用するでしょうか? 2020年4月にドイツの70%の人々が予防接種を受ける準備ができていましたが、その数は6月に61%に下がった、とハンブルク大学は最近の報告で報告しています。多くの市民は、起こりうる副作用について特に心配しています。

ドイツで最も低い承認

ハンブルク大学のハンブルク保健経済センター(HCHE)が主導する代表的な研究では、2020年4月と6月にドイツ、デンマーク、フランス、イタリア、オランダ、ポルトガル、イギリスの7,000人以上がインタビューを受けました。

情報によると、調査対象国のコロナウイルスに対するワクチン接種の意欲は、4月の74%からわずか2か月後には68%に減少しました。ポルトガルを除いて、すべての国の数は少なく、偏差が最も大きいのはイタリア(マイナス13%)とドイツ(マイナス9%)です。

フランスに加えて、ドイツは調査したヨーロッパ諸国の中で最も低いレベルのワクチン接種をしています。同時に、予防接種を受けたくないドイツの人々の数は倍増しました。ドイツでは現在、5人に1人がこのように言っています。

「コロナウイルスのワクチン接種を拒否する人がますます増えるのではないかと心配しています。これは、基本的にワクチン接種を拒否する人よりもはるかに多くの人々です」と博士は説明する。 HCHEの科学ディレクターであるJonasSchreyögg。

ウイルスの危険性が問われる

調査対象となったすべての国のほとんどの人は、可能な限りの副作用とワクチンの不十分な有効性について心配しています。メッセージによると、ワクチン接種を拒否する人の45パーセントと確信がない人の61パーセントがこれが主な理由であると述べています。ワクチン接種に反対している7人に1人は、ウイルスが健康に危険であるとは信じていません。

ただし、この調査では、政府、EU、および世界保健機関(WHO)からの情報を信頼していると回答した回答者の方がワクチン接種に対してよりオープンであることも示しています。

「したがって、政治家と科学者は、起こり得る副作用とワクチンの有効性について非常に透明性をもってコミュニケーションをとり、市民の信頼を促進するべきです」とジョナス・シュレヨッグは助言します。

女性は安全性が低い

「55歳以上の男性と、高齢者や慢性疾患のある人と同じ世帯に住んでいる人の中で、すべての国で最高の承認を得ています」とSchreyögg氏は説明します。

調査が示すように、すべての年齢層の女性は、予防接種を受けたいかどうかについてあまり確信が持てません。特にドイツでは、身体障害者や精神障害者がいる家族や世帯が、すべての世帯の中で最も予防接種をする意欲が低いことがわかります。

さらに、ドイツでは予防接種の準備状況が異なり、北(67%)から南(56%)に減少します。たとえばバイエルンでは、2人に1人(52%)だけが予防接種を受ける準備ができています。対照的に、新旧の州(65%)と新連邦州(65%)の間にはわずかな違いしかない。 (広告)

著者および出典情報

このテキストは、医学文献、医療ガイドライン、現在の研究の仕様に対応しており、医師によって確認されています。

うねり:

  • ハンブルク大学:ヨーロッパ7か国でのコロナウイルスパンデミックに関する調査:予防接種の準備が減少し、副作用の懸念が高まっています(アクセス:2020年7月15日)、ハンブルク大学
  • ハンブルク大学のハンブルク健康経済センター(HCHE):HCHEでのコロナ研究(アクセス:2020年7月15日)、ハンブルク健康経済センター(HCHE)


ビデオ: ワクチン神話を疑えSARSで17年ワクチンができないわけ新型コロナと闘う 児玉龍彦金子勝20200624 (1月 2022).